2017-09

2016年5月 北ア 霞沢岳登山報告

DSCN4389ss.jpg

2016年5月3日(火)~5月5日(木)
徳本峠小屋から北アルプス霞沢岳の登頂をしてきました。
参加者
岩田 邦彦     76歳
木村 正一     69
岩佐 元春     68
山村 清治郎    68
渋谷 佳行     65
大崎 健司     66
豊島 明       61
米田 義輝     66
村上 欣三     70
浜田 日登美    35
岩井 由起子    32
行動記録
 2016年5月3日(火)  晴後雨
6:15         大阪茨木市駅発
12:30        平湯バス停
13:10        上高地発
14:00~14:15  明神
16:35        徳本峠小屋着
大阪 茨木市駅に集合し二台の車に分乗して上高地に向う。
ゴールデンウィーク後半初日の為か渋滞に巻き込まれ予定より1時間遅く上高地に着く。
DSCN4323s.jpg

上高地街道を何時雨が降り出すのかと考えながら明神までのんびり歩く。
徳本峠まで最初は、なだらかな樹林の中の道を進む。
DSCN4332s.jpg

2ピッチ目になると所々雪の残る沢を右に見ながら急登。
DSCN4337s.jpg

最後、沢の雪渓をトラバースし左岸に出ると雪道の九十九折の登山道を進むと徳本峠に着いた。
DSCN4353s.jpg

明日の天気は、予想どうり雨。朝の気分で考えようと食事が済むと早々に横になった。
夜中、風と雨音が小屋の屋根をたたいていた。
5月4日(水) 雨のち晴れ
徳本峠発          5:15
ジャンクションピーク   6:06~6:25
K1ピーク          9:25~9:35
K2ピーク          10:00
霞沢岳頂上        10:25~10:45
K 1ピーク         11:30~11:45
ジャンクションピーク   15:00~15:15
徳本峠           16:20(岩田、山村、浜田、岩井 泊)
明神             17:30
上高地           18:10(木村、岩佐、渋谷、大崎、米田、豊島、村上)
 朝起きると雨は、少し小やみになっていた。小屋の情報によると時間がたつほど快方に向かうとのこと。
雨具を着け万全の雨対策を施して小屋を出発する。
 ジャンクションピークへは、急登の雪と土のミックスのルートが続く、朝のいきなりの急登は、きつい。
DSCN4355 (2)

ピークからは、90度方向を変えてなだらかな下り、登りを繰り返す。
DSCN4369s.jpg

P2という表示のあるピークから急な下りになり、下りきった所から遠くに頂上が見えた。
目の前にK1ピークの急登が雪壁とハイ松に覆われて見える。
DSCN4448s.jpg

 完全に昨夜の天気予報は、外れ青空が顔を出す。
雪壁は、急でわあるが壷足でキックステップで登れるが笹の上に雪が乗り、その雪が崩れると笹の斜面になり滑るというやっかいな斜面になった。

K1ピークは、360度見渡せるアルペン的なところだった。この景色に感動して岩井さんはここに残った。
 K1ピークからも何回か上り下りを繰り返すと頂上。
DSCN4421s.jpg

帰路は、K1ピークからの下りに3ピッチほどロープを使う。やっぱり笹の部分の下りに不安があった。
DSCN4441s.jpg

特に危険な箇所は無かったが遠かった。
ジャンクションピークで徳本峠小屋に泊まるものと、上高地まで下りるものと分かれ、下る。
上高地組は、へとへとになり何とか釜トンネルが閉まる前に下りれた。
下山も結局登りと同じ時間がかかってしまった。
5月5日(金) 晴
平湯で全員合流し帰阪した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kansaitokokai.blog.fc2.com/tb.php/119-a7b9d9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ktkweb

Author:ktkweb
関西登高会(かんさいとこうかい)ブログへようこそ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
連絡事項 (13)
登山報告 (68)
登山報告(海外) (4)
集会報告 (32)
ミニレポート (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR