FC2ブログ

2018-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年2月若桜から氷ノ山山スキー行

P2120292ss.jpg
〈氷ノ山、若桜へ滑る〉  PHOTO::米田

2018年2月12日~2月13日 

氷ノ山若桜スキー場より氷ノ山に登りワサビ谷を降りる

メンバー

賀集 信  69歳
渋谷 岳峰 68歳
米田 義輝 67歳
村上 欣三 74歳
田村 智子

行動記録

2月12日(月) 小雪 風強い
リフトトップ  9:30
三の丸     10:30
氷ノ山  着  12:05
     発  12:45
三の丸     14:20
リフトトップ  15:15
リフト乗り場  15:40

今夜お世話になる民宿つくよね山荘に8時集合。
宿で着替えさせてもらう。
宿の主人「山の上は吹雪いているやろなぁ」
リフト2本乗り継ぎチャレンジコーストップに着く、リフト係員に聞くと10人位が山に入ったとの事。
田村は山に登らずゲレンデで一日過ごす、4人は賀集を先頭に急坂に取り付く。賀集は快調に飛ばしていくもすぐ先に2人組がいる。
苦しい急登が続くが樹氷が目を楽しませてくれた。
P2120265s.jpg

ブナ林を抜けると傾斜が緩やかになるが風が強い。
三の丸の避難小屋で一本立てる。中に先客が2人居た。
P2120267s.jpg

行動食を食べ山頂を目指す。
風も強く視界も良くない、ヤッケのフードを被り広い尾根をアップダウンを繰り返し進む。先の2人組か風を避け木立の下でシールを剥がしている。
P2120270s.jpg

P2120273ss.jpg


そこより先はトレースがなく時々GPSを見ながら進みコルから一登りすると避難小屋が見えた。
P2120276s.jpg

P2120279s.jpg

P2120287.jpg


小屋の前で集合写真を撮り小屋に入る。今日の山頂は我々4人だけ。
小屋でシールを外しコルまで下る。大倉谷コースに入るためトラバースするが傾斜がきつく、視界も悪い為シールを付け尾根に戻る。
P2120290s.jpg

次にワサビ谷を目指すもやはりルートが判り辛く三の丸まで戻る。
天気も良くなく今回はチャレンジリフトトップまで戻る事にし、三の丸の先でシールを外す。
ブナ林の急坂は手こずり、最後は渋谷、村上はソリを担いで下る。
リフトトップで一息つきゲレンデに戻る。しかしゲレンデ最上部は狭く、少し下って広くなった所からスキーを楽しむ。
どうにか無事にスキー場の下に着く。
宿に帰りピークを踏んだ事を祝って乾杯!!

2月13日(火)雪
朝9時に宿を出発。
途中道の駅により帰途に就く。
快晴の日にもう一度登りたい。
                      村上 記
スポンサーサイト

2018年1月末 福井県経が岳登山敗退の記

白山伏拝岳より経が岳(右)と北岳(左)ss
白山伏拝岳より経が岳(右)と北岳(左) PHOTO:山村

2018年1月27日(土)~1月28日(日)
 
 近年の正月の冬山の後、近畿の冬の雪深き深山を登ろうを目標と何とか京都北山の深山から福井に範囲を伸ばしてきました。昨年は、好天にも恵まれ荒島岳に登れた。
 今年は、先輩の先輩が昭和の初期に登ったという言う記録を読み登ってみようと、経が岳にアタックをした。

参加者
岩佐 元春   70歳
山村清治郎  70歳
賀集 信    69歳
神尾 仁    70歳
村上欣三    74歳

2018年1月27日(土)  雪
大阪発              6:00
大野IC             11:00
奥越高原青少年センター  11:30~12:30
林道               15:00引き返す
センター             16:00

 昨年も出発の前に大雪が降り麓にも入れないのでは、ないだろうかと思われたが案外すんなり登山口の勝原スキー場跡までは入れたので今年も同じように大雪の後なので心配したが出発した。但馬から参加予定の米田は、高速道路吹雪のため不参加になった。
 越前大野、勝山は、すっかり雪の中だった。大野のスーパーで食料を買い雪道を青少年センターへ
IMG_0017s.jpg

横殴りの雪にがっかりするが装備を着けてうっすらの残っているセンター前からの林道のトレースを進む。
IMG_0019s_20180301105753df2.jpg
トレースはあるがトップのスキーの賀集でも膝ぐらい潜り、2番目のスノシューの山村が膝上、神尾、岩佐、村上のワッパは、股近くまで沈むところも。
IMG_0022s.jpg

 途中、うっすらしたトレースをつけてくれた山スキーのパーティーと会う。朝6時から登り始めて杓子岳迄行ったとのこと。
 我々は、その下の林道をトップの賀集が付いたので下る。
車で、六呂師高原まで帰りコテージに泊まる。
IMG_0025s_20180301105756384.jpg

1月28日(日)  晴れのち曇り
 昨日のコースでは、とても頂上は行けそうもないので今日は、ジャム勝山のスキー場の方からのルートを試みることにする。
スキーリフト乗り継いで最終地まで行き後尾根通し頂上を目指すというコース。
IMG_0033s.jpg

ここも強烈な新雪で昨日と同じくらいのラッセル、結局一時間ほど頑張って止める。
白山伏拝岳直下(スキーにて) 賀集氏s
白山伏拝岳直下(スキーにて) 賀集
白山伏拝岳への登り神尾氏(ワカンにて)s
白山伏拝岳への登り神尾
白山伏拝岳頂上後方に白山(左)と別山(右)s
"白山伏拝岳頂上後方に白山(左)と別山(右)

 

«  | ホーム |  »

プロフィール

ktkweb

Author:ktkweb
関西登高会(かんさいとこうかい)ブログへようこそ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
連絡事項 (13)
登山報告 (88)
登山報告(海外) (4)
集会報告 (33)
ミニレポート (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。